まずはじめに、ストレスというものがどこからたまるかというと仕事か家庭になるんですけど。

いろいろ解消できそりうなことをあれやこれやとやってみて、たとえばゲームとかやってみたり本を読んでみたりどっかいってみたりとやるも結局は
ストレスはつきもの、それを解消するためにはどうすればいいか、それはその環境になじむこと!!
そう、仕事ならできないことを徹底的にやってできるようにしてできないものを無くしていき、そして上に上がり周りから何も言われない環境を作り
自分の居心地のいい環境づくりをする。

そして家庭、結婚して子供が生まれたての時は、まだ父親としての自覚がなく仕事は男女は家庭といって以降喧嘩の毎日
でも実際は、それを言ってしまった自分が悪く、その行ってしまったことを忘れろとわ言えないが、ほんと身近な掃除洗濯料理、そして自分の身の回りのことを
ちゃんとやって、育児も自分から率先してやるようにして少しずつ家庭環境も変わって、1番は家庭環境を良くするために嫁の実家付近に引っ越しをし家賃を抑えつつ
まえよりかいい部屋良い環境へと移って以降は最初はあまり変わらなかったもののじょじょによくなってきて、今となってはストレスフリーの毎日になりました。

その日のストレスその日のうちに

ストレスフリーで生きていきたいと思いながらも何故か溜まってしまうストレス。

これを我慢して溜めてしまっていると、些細なことがとんでもない大きいものへと変化していってしましいます。

それ故、ストレスを感じたならば、その日のうちに発散しておくに限ります。

在り来たりですが、私の場合は、呑み屋のの廉をくぐります。

ざわついた店ではなく、落ち着いた感じのこじんまりとした店のほうがベターです。

ざわついた店では余計にストレスが溜まってしまって、何しに来たのかがわからなくなってしまいます。

うまい肴をつまみながら、うまい酒をゆっくりと味わうと今日一日の出来事を忘れさせてくれます。

人間はお腹が満たされると幸せを感じます。

今日一日の出来事なんて、どうでもいいように思えてきます。

その時、できることなら、カウンターの席に陣取り、マスターが料理を作っている動作などを眺めその職人芸を見ていると、自分が置かれている状況がちっぽけなものに思えることもあります。

たまには、マスターとどうでもいい話をしたりすることで、ストレスを発散できることもあります。

こうやって、ストレスを溜めて大きくすることなく、小さいその時のうちに発散するようにしています。