私がストレス解消のためにしていることは3つあります。

まず1つ目はボクシングです。

大学の先輩や教授などどれだけ腹が立ったとしても殴ることはできないし、さすがに殴るのは人としてどうかと思うので、友達に誘われるままサンドバックをジムに殴りに行ったらとてもはまってしまいました。

先輩の顔を思い浮かべてこれでもかというほど強くサンドバックを殴りつけるととてもすっきりします。

ボクシングジムに行った後などは嫌いな先輩の顔を見ても全然イライラしなくなったのでボクシングを始めてよかったなあと思いました。

次にストレス発散のためにやってることはやけ食いです。

体重も増えてしまうし、後のことを考えるとよいかどうかは微妙なんですけど、どうしてもやってしまいますね。

焼き肉や寿司などを一気に食べるとなんであんなつまらないことでイライラしてたんだろうか、と思ってしまうことがあります。

最後に、私がよくやるストレス解消法はゲームです。

どうぶつの森など、のんびりとできるゲームをやっています。

僕はもともとゲームが好きで、格闘ゲームで勝ってもストレスは解消できるのですが、もし負けてしまったら逆にストレスが溜まってしまいます。

また、シューティングゲームなども細かい作業が要求されてしまうので、ストレス解消には向いてないと思いました。

その点、育成ゲームなどはのんびりと遊ぶことができて、ストレスから解放されたような気になりますね。

週末の晩酌によるストレス解消

私のストレス解消法として週末の晩酌にこだわる事です。

(次の日の仕事に影響が出ない金曜がおすすめ)
飲むものはビール、日本酒、焼酎からウィスキーと、一つに絞らずに「今飲みたいお酒を飲む」事が肝心です。

また、つまみは凝った料理ではなく大衆居酒屋にあるようなメニューからコンビニで買ってきたものまでとにかく「準備にストレスをかけない」ようにしています。

そしてまずはビールから飲みはじめます、それから日本酒や焼酎の水割りと徐々にアルコール濃度の高いドリンクに移っていきます。

(いきなりアルコールの強いお酒から飲みだすと酔いの質が悪くなるように思います。


酔いが回ってきてからは焼酎の濃いめの水割りやロックなどを飲みながら、今飲んでいるお酒の酒造のHPなどを眺めたりし、お酒を造っている環境や人のことを思い浮かべながら飲んだりします。

最後は大体ウィスキーでしめます。

ジャズなどのいかにもウィスキーの雰囲気に合いそうな音楽をかけ、電気は少し暗めにします。

ここまでくると良い感じに酔っており音楽が心地よいです。

ウィスキーのストレート(私はスコッチが好きです)を少しずつその香りを堪能しながら飲んでいると最高の気持ちです。

これでだいたいストレスは発散できます。